Projects

Shoji (office)

オフィス
設計、工事監理:畑友洋建築設計事務所
ガラス:三芝硝材
手漉き和紙:川原隆邦

障子とは大変優れた間仕切りの仕組みである。何重にも重なる和紙の重なりが、光や気配をこしとり、こちらとあちらの関係を調停する。上部の欄間からは光と天井面の連続から拡がりを感じることができる。
このプロジェクトでは手漉きの和紙をガラスに挟み込み、幾重にも重ねることで、こちらとあちらの光や音、気配を調停しようとする試みである。
手漉き和紙は、原料の栽培から紙漉きまでを一貫して行う職人の手により、天井に向かって少しずつ透過度が上昇し、上部では紙として自立できないまでの透明度まで薄く漉きあげられている。
ガラスに挟み込むことによってはじめて紙として立ち上がることができるこのスクリーンは、障子から欄間までをまるで連続的に漉きあげたかのような新たな障子となって現れた。

List

List