Projects

灘の家

専用住宅
設計、工事監理:畑友洋建築設計事務所
構造設計:萬田隆構造設計事務所

兵庫県の郊外(篠山市、丹波市)などでは、いまだ伝統的な民家が多く残り、中でも塀で敷地をやんわりと囲い、その中に母屋、離れ、倉庫(蔵)などが必要に応じて建築される形式が多くみられます。やんわりと領域を塀により囲いながら、棟間に生まれる庭などの外部空間により、各室はそれぞれ内庭に面し、安心して解放できるという単純ですがとても豊かな住空間です。本住宅は、敷地面積が限られ、込み入った市街地において、郊外の上記のような民家の持つ特性に着目することで、開放的でありながら、住居として守られた環境を生み出すことを目指しています。

Surrounded by a continuous fence, the 18th century housing is made out of set apart buildings with different functions. The negative resulting space
becomes a garden and a connecting space as well as a land reserve.
The Minka’s typology provides many advantages such as the omnipresence of a connection to garden in all the house’s rooms, the long term flexibility
caused by the existence of the land reserve, the extended social functional control resulting from the division of buildings as well as the privatised free exterior space.
Through this project, our aim is to bring some of this housing type advantages to the contemporary city housing.

List

List