費用に対する考え方

建築家に依頼すると高いのではないか?という疑問をよく伺います。

建築における予算はとても大切な条件です。私たちは予算が大きくても小さくても、クライアントの要望を咀嚼し、 既成概念にとらわれず、賢く建築を創ることで、あくまでも希望コストのなかで納めるよう心がけています。 また予算が大きいなら過度に華美であればよいということではありませんし、小さいなら粗末であってよいというのも違うと考えています。

実際に、最初から建築家に依頼することを決めていらっしゃる方だけでなく、予算上ハウスメーカーで建築できなかった方や、 建売の購入が厳しい方などのご相談もお受けしています。
例えば、建築が難しい不整形地や斜面地など、 格安な土地の利用や、建築使用材料の吟味、材料の無駄を省く、合理的な構造計画など、 既成概念にとらわれず1つずつきっちり考え、賢く建築を創ることで、 例え予算的条件が厳しくとも、妥協ではない、豊かな空間を備えた建築の実現を目指し、日々取り組んでおります。


竣工までの流れ

STEP1 ご相談(無料)
規模・予算・どのような建物をご希望されるかをご相談下さい。 メールもしくはお電話を頂いた後、直接お会いしてお話をお伺い致します。
土地の選定、調査等設計に事前に必要な内容に関しても可能な限り協力させていただきます。お気軽にご相談ください。

STEP2 提案書作成(無料)1ヶ月程度 
ご要望と敷地の資料を元に、法的な条件の整理等行い、提案書を作成いたします。提案書を元に、ご依頼頂くかどうかをご検討下さい。この段階で費用を頂くことは通常ございません。

STEP3 設計監理契約
提案書に基づき、建築のアウトラインにご納得いただけた段階で、設計監理契約を締結させていただきます。
この段階で着手金として設計料の1/3を請求させていただきます。

STEP4 基本設計 3ヶ月程度
提案書を元に打合せを行いながら、基本設計図、CG,模型等を作成し、プランの検討、素材の選定・設備・構造の検討を行い、建築の概要を決定してまいります。

STEP5 実施設計 3ヶ月程度
細かな部分まで打合せを行い、詳細な図面を作成します。

STEP6 見積・確認申請 2ヶ月程度
3社程度の施工会社に見積りを依頼します。見積りに対し査定(適正な金額にするための調整作業)を行います。必要に応じて減額案を作成し、予算との調整を行います。工事金額確定後に確認申請をします。
この段階で中間金として設計料の1/3を請求させていただきます。

STEP7 本工事・現場監理 6ヶ月程度(工事内容により変動します)
工事が着工しましたら、設計図書の通り施工がなされているかを確認するため、現場監理を行います。また、段階に応じて構造の専門家と共に検査を行います。

STEP8 竣工検査・引渡し
クライアント立会のもと竣工検査、引渡しを行います。また、竣工1年後にも検査を行います。
竣工時に設計料の残額を請求させていただきます。


設計料について

総工費3000万円未満 工事金額の14%+消費税
総工費3000万円台  工事金額の13%+消費税
総工費4000万円台  工事金額の12%+消費税
総工費5000万円~  別途ご相談させていただきます。

※上記の設計料はあくまで目安です。ご相談の上、最終的な金額を決定いたします。
※遠隔地の場合、交通費を別途請求する場合があります。
※設計料に確認申請書等の作成費は含みますが、申請手数料は別途かかります。
※その他、リノベーション、イベント・仮設空間、プロダクトのデザイン等は、条件により異なりますので、ご相談の上決定いたします。