モックアップ

現在設計中の住宅の雨仕舞を検討するため、スタッフが1:1のモックアップを作成し、実際の水の流れ方や経路などのデータを収集しました。仮想と現実をお互いにフィードバックしながら設計を進めることは時間はかかりますが、やはり必要なプロセスだと感じています。